AOKI KYOTARO / 青木京太郎

私の絵は深い感覚の部屋の奥の方から紡ぎ出している絵です。
いつも当たり前に存在し、私たちに豊かな気持ちを与えてくれる全ての存在の大切さに立ち戻ってみる。
自分の絵を介していつもの目の前の風景が、少し違って見えるきっかけになればと思います。
絵には光を感じるような次元の要素を前面に詰め込みました。
皆さんにその光を感じていただけたら幸いです。

-KYOTARO