PROFILE

KYOTARO


目に見えない存在をモチーフに、  普遍性を軸としてイメージし紡ぎ出されるアートワーク。
細密な描写を得意とし、多次元、異世界、動物、幻獣などの架空の存在を
主に鉛筆によるドローイングで描く。

  ペインティング、マンガ、アニメーションなど、幅広い分野で活動するアーティストです。
個展「天界トリップ」(2008年)、「妖精の行く道」(2010年、いずれもミヅマ・アクション)をはじめ、国内にて多数個展を開催し、ニューヨーク、マイアミ、北京、上海、サンフランシスコ、など、海外のグループ展に参加。 「RED BULL MUSIC ACADEMY TOKYO」キャンペーンヴィジュアル(2014年)や、伊勢丹新宿店本館1階ウィンドーディスプレイ(2013年)を手がけたほか、アートワークからコマーシャルワークまで、幅広い活動を続けている。   著書に『The Baby Shower Story』(2004年/Presspop gallery)、『天界トリップ』(2012年)、『ベイビー・シャワー・ストーリー復刻版』(2012年/ともに河出書房新社)、  『I SAW A LOT OF FAIRIES - 妖精の行く道』(2012年/ERECT Lab.)、漫画単行本『MWUAI ムーアイ』(2012年/ダイトカイ)、アパレルブランドあちゃちゅむのデザイナーしんやまさことのコラボレーションブック『カラポンポン』(2014年/六耀社)、『カラポンポン』特装版(AD吉田ユニ、2016年/六耀社)など。 写真評論家の飯沢耕太郎氏の著書『きのこの国のアリス』(2015年/ステュディオ・パラボリカ) の挿絵を担当。   「天界トリップ」の幻獣や神々を描いた作品で展開された伊勢丹新宿店のショーウィンドー(2013年6月)が、DSA 空間デザイン賞 2014 優秀賞を受賞 。   2017年2月23日から5月18日まで開催されたDIESEL ART GALLERY(東京/渋谷)の個展で、新作100点を発表。  
アーティスト。1978年京都生まれ。
九州佐賀県生まれの父と京都伏見生まれの母との間に京都山科に生まれる。
1998年京都嵯峨美術短期大学グラフィックデザインコース卒業 ルーツは漫画、メルヘンからインスピレーションを得ており、幼い頃から漫画や絵本の挿し絵、サイケデリックな絵に興味をもつ。 1999年に拠点を東京に移す。 かつて恵比寿にあったP-house Galleryで2000年に展覧会を行う。その頃から漫画という枠からはみ出るということに重要性を感じ始める。   本名:青木京子
既婚:金子(京子)
性別:女
国籍:日本
恋愛対象:男性 男性の名前のペンネームにしたのは、中性的な位置から作品を観て欲しい為です。また、自由に表現出来る場を創作する為に1996年からこの名前で活動しています。KYOTAROという名前を一つのアイコンとして観て欲しい。私はKYOTAROという文字から創作の可能性、パワーを得ています。 観る人にいつもなにかギフトを与えるような存在であり続けたい。 「原点に立ち戻る事」それが今私達にとって必要な事のような気がしています。「感じる」という感覚は非常に重要な要素です。 私たちは深く感じる事で新しい進化を遂げてきたとも言えると考えております。私の絵は深い感覚の部屋の奥の方から紡ぎ出している絵です。いつも当たり前に存在し、私たちに豊かな気持ちを与えてくれる全ての存在の大切さに立ち戻ってみる。 自分の絵を介していつもの目の前の風景が、少し違って見えるきっかけになればと思います。
絵には光を感じるような次元の要素を前面に詰め込みました。
皆さんにその光を感じていただけたら幸いです。 – KYOTARO
 

ENGLISH

Solo Exhibitions

 
1998年 TANK Gallery (大阪/心斎橋)
2000年「VILOVILO」P-house Gallery (東京/恵比寿)
2001年「 O 」A New Shop (東京/原宿
2004年「THE BABY SHOWER STORY」出版記念展 Trees are so special (東京/恵比寿
2005年「DORO Span art gallery (東京/銀座
2008年「天界トリップ / Heaven’s Trip」ミヅマ・アクション (東京/中目黒)
2010年「妖精の行く道 / I SAW A LOT OF FAIRIES」ミヅマ・アクション (東京/中目黒
2012 ERECT Lab. Presents「妖精の行く道 / I SAW A LOT OF FAIRIES」代官山T-SITE GARDEN GALLERY(東京/代官山)
2013 「晴子とKYOTAROと生きている紙の絵たち」 A SOUL RIDES AND OPERATES IN BODY 代官山蔦屋書店アートコーナー(東京/代官山)
2014年カラポンポン出版記念展 しんやまさこ(あちゃちゅむ)×KYOTARO きらめきの宇宙!JR大阪三越伊勢丹内3F DMOARTS Gallery(大阪)
2015年「The Holy Judgement and The three queens104Galerie(東京/中目黒)
2016年「PIECES / Catapult into the future」MOGRAG Gallery (東京/新御徒町)
2016年「MWUAI晴子祭り!」漫画原画展 森岡書店銀座店 (東京/銀座)
2017年 「CLAD IN THE UNIVERSE - 宇宙を纏う」DIESEL ART GALLERY(東京/渋谷)

Group Exhibitions 

 
1998年 FM802主催 「MINAMI WHEEL」  SONY TOWER(大阪/心斎橋)    
2001年「仲條正義・後藤繁雄プロデュース竹尾ペーパーショウ」Spiral Gallery (東京/表参道) 
青木京太郎、宇川直宏、 大竹伸朗、川内倫子、 川口清勝、北川一成、 五木田智央、小林良弘、 佐藤直樹、澁谷克彦、 ジョナサン・バーンブルック、 ジョン・ワーウィッカー、妹島和世、 祖父江 慎、 タイクーングラフィックス、 タナカノリユキ、 束芋、角田純一、 できやよい、中島英樹、 中村哲也、中山ダイスケ、 生意気、蜷川実花、 野田 凪、林 修三、 原田大三郎、ホンマタカシ、 マイク・ミルズ、松本弦人、 山田英二、若木信吾   /   井上庸子、エレファントデザイン、 code、スポークン・ワーズ・プロジェクト 、角 香織、 田中千絵、Double O 服部滋樹、林 修三、 マウンテンマウンテン、水野 学、 三原康裕
2003年「Up Our Sleeve SHOW Rocket Gallery (東京/表参道
2004  HIROMI YOSHII GALLERY (東京/六本木
2006年「The Armory Show(NY/NewYork) 
2006年「pulse Show(Maiami)
2007年「HOW TO COOK DOCOMODAKE?Docomodake Art Exhibition (NY/NewYork) 
2008年「MEMORY of THE WHITE HOUSE(東京/代官山
2008年「手塚治虫生誕80周年記念展tezuka gene: Light in the DarknessPARCO (東京/渋谷
2009年「天欲 INSTINCTMIZUMA&ONE GALLERY 三潴画廊 (北京)  
2009年「緑の耳の妖精展」artdish Gallery (東京/神楽坂
2010年「101歳おめでとう!まど・みちおさん むさしのポエムフェスティバル まどさんトリビュート展覧会」「ぼくがここに」葉月ホールハウス (東京
2011年「TOKYO POP SHOWFivepoints Arthouse Gallery CA/San Francisco 
2011年「宇野亞喜良がコンタクトした異能のアーティストたち Aquirax ContactBILLIKEN Garelly (東京/青山)  
2011PARCOにて女性クリエイター約100組集結の文化祭「シブカル祭」渋谷PARCO (東京/渋谷) 
2011年サンフランシスコの出版社LAST GASPRON TURNER)主催「Shinkansen Conspiracy」展 111 Minna GalleryCA/San Francisco
ATTICUS WOLRABCLAYTON BROSDAVID CHOONG LEEDON ED HARDYDOUG HARDYHENRY LEWISHORITAKAISABEL SAMARASJAY HOWELLJENNYBIRD ALCANTARAJUNKO MIZUNOJUSTIN GREENKEVIN TAYLORKYOTAROMARION PECKMARK BODEMARK MCCLOUDMARK RYDENMICHAEL HERNANDEZ DE LUNANICOLE BUFFETTNORA RODRIGUEZPAUL MAVRIDESROGELIO MARTINEZSHAWN BARBERTHE CLAYTON BROSWILFRED SATTY 
 
2011年「京都嵯峨美術大学40周年の記念展」京都市美術館別館 (京都
2011年「七問 -現代日本の若手アーティストたち」北京MIZUMA & ONE GALLERY(北京/中国)Hwasgallery(上海/中国) 
2012年「金色のおすそわけ」Hamadaraka&KYOTARO 代官山アクビ(代官山/東京
2013年「I Sing the Body Electric 歌おう、感電するほどの喜びを」伊藤桂司、できやよい、KYOTAROARUTA SOUP GalleryTRAX(山梨)
2013年  VICE JAPAN 主催「GLOBAL PHOTO COLLABORATIONS 写真家、田附勝とコラボレーション  DIESEL ART GALLERY(東京/渋谷) 
2014  "Les Chroniques Purple"EXHIBITION VACANT 5th Anniversary Event   VACANT(東京/原宿)
2014年 「きらめきの宇宙!カラポンポン出版記念」展 しんやまさこ(あちゃちゅむ)×KYOTARO JR大阪三越伊勢丹内3F DMOARTS Gallery(大阪)  
2014  7月”Les Chroniques Purple" in Osaka 巡回展  Center for COSMIC WONDER (大阪)
2014年 9月「Aquvii Art Ticket 出版記念展示 ヨコハマ創造都市センター(横浜)
2014年 12月宇野亜喜良主催「小さな宝物コレクションオブアート展」 池袋TOBU 6 (東京/池袋) 
 2015年 KANA KAWANISHI GALLERYこけら落とし展「記録と記憶 | transcripts / memories」田附勝×KYOTARO KANA KAWANISHI GALLERY (東京/南麻布) 
2015年 “monochrome" AARON HORKEYMIKE GIANTSHOHEIKYOTAROTOSHIKAZU NOZAKAOZABU HHH Gallery(東京/堀切菖蒲園) 
2015年 12月「きのこの国のアリス」原画展 飯沢耕太郎×KYOTARO parabolica-bis Gallery(東京/浅草橋)
2016年 3月「紙のキノコ」飯沢耕太郎の紙のキノココレクション&きのこ図鑑(「きのこの国のアリス」)原画展 parabolica-bis Gallery(東京/浅草橋)
2016年 3月「sp-ring」LUCK Gallery (東京/木場)
2016年 3月「こわかわ少女隊」parabolica-bis Gallery(東京/浅草橋)
2016年 4月 飯沢耕太郎&KYOTARO「紙のキノコ」 Calo Bookshop Cafe Gallery(大阪/淀屋橋)
2016年 6月 双子展「双子(ジュモー)あるいは分身(ドゥーブル)への誘惑」parabolica-bis Gallery(東京/浅草橋)
2016年 7月「Human Museum 2016Tambourin Gallery (東京/外苑前)
2016年 7月  ブランカハナレGallery (京都/三条)
2016年 「KARAPONPON特装版」記念展 しんやまさこ(あちゃちゅむ)×KYOTARO  JR大阪三越伊勢丹ルクアイーレ DMOARTS Gallery(大阪) 
2017年 2月『NEW SCROLL -新掛軸-』moorage gallery & Aquvii AAT shop(東京/新御徒町)
2017年  5月『NEW SCROLL-新掛軸-』横川創苑 (広島)
2017年 7月 「Human Museum 2017」Tambourin Gallery (東京/外苑前)
2017年 8月「幻獣画展」本田 誠・HAMADARAKA・KYOTARO スタジオ35分(東京/新井薬師)
2017年 10月 ウルトラセブン放送開始50年特別企画展「70 CREATORS’ SEVEN」展 池袋パルコミュージアム(東京/池袋)
2017年 10月『アウト(オブ)ドア』展 THE NORTH FACE STANDARD二子玉川店(東京/二子玉川)
2017年 11月『アウト(オブ)ドア』展 THE NORTH FACE STANDARD京都店(京都/三条)
Kazuma Ogata 、KYOTARO、Saiko Otake 、最果タヒ、たなかみさき 、
出戸 学 [OGRE YOU ASSHOLE] 、濱田祐史、 本間良二 、盛永省治 、Ly 
企画制作:永戸鉄也・水谷太郎・高宮啓
2017年 11月「3ノトリ」展  望月薫 a.k.a ILL CERAMICS・TRADMAN’ S 小島鉄平・玉置 彰彦・黒住 宗芳・萩原亮大・KYOTARO  
ES gallery(東京/渋谷 )プロデュース:WATOWA inc 小松隆宏

Works                             

17才の時描いた漫画が1997年COMIC CUE(イーストプレス)に佳作で入選し掲載される
18才の頃から大阪のショップよりT-Shirtを制作販売し、自分の絵のT-Shirtを着た方をアメリカ村で1日8人ほど目撃することが起こる
大阪を中心にイラストカットの仕事をし活動
写真家野村浩司氏の推薦で京都から1999年東京に移住
1999年から1年間CaziCaziにて漫画連載
2000年~2004年まで漫画雑誌『COMIC H』(rockin’on/ロッキング・オン)にて漫画連載
2000年 元BUCK-TICKメンバーが結成したバンド「SCHWEIN」のCD、LPジャケットビジュアルを制作(ディレクター:サカグチケン)
2000年  アパレルブランドGRANDCANYONにてT-shirtデザイン参加
2001年  アパレルブランドPoetry of sexにてスタッフとして携わりながら自らのデザインT-shirtを多数製作
2001年 アパレルブランドNOZOMIISHIGUROにてデザインに参加
2001年 NAYLON JAPAN 0号にて雑誌ビジュアル担当
2002年 資生堂コスメティックTVCMフィルム「FF」(ウインクパワーアイズ)にてキャラクターデザインを担当
(ディレクター:竹内すぐる)(出演:観月ありさ)(スタイリスト:伏見京子)立体デザイン:スドーアートスタジオ 制作:BBメディア
2002年 4月号Vol.316~2003年3月号Vol.327にSTUDIO VOICE MAGAZINE(INFAS)にて「THE BABY SHOWER STORY」を一年間連載する。
2003年 GAS BOOK(デザインエクスチェンジ)より生意気プロデュースDVDのアニメーションを担当
2003年 エレクトロニカバンドCALMの「PEACE」PVのアニメーションを担当(ディレクター:掛川康典、生西康典)
2003年 ジーンズブランド「LEVI’S 」のアジア地区の広告に作品を提供(広告では本人も出演) 撮影:守本勝英 制作:BBH
2003年 グリム童話小説「GRIMM」親指トム(Tom Thumb)の挿し絵を担当 Gestalten books(ドイツベルリン拠点の出版社)刊
2003年 Sasquatchfabrix.の横山大介氏と荒木克記氏が制作したフリーペーパーに参加
2004年「THEBABY SHOWER STORY」PRESS POP GALLERYから出版 (500部限定)
2004年 アパレルブランド「TOGA」のAutumn /Winterコレクションランウェイショーのインビテーションのメインビジュアルを担当
会場にも大きく拡大されたメインビジュアルが貼り出される
2004年 長島有里枝写真集「Notsix」アートワークにて参加
2004年 「i-D magazine - December 2004/January 2005 「250 HOTTEST PEOPLE 」に掲載される
2005年 THE NORTH FACE広告の絵を担当する
2005年 石井聰互監督の映画「鏡心」のメインビジュアルを担当。「第8回世界ポスタートリエンナーレトヤマ 2006」に入選
2005年 美術手帖BT Vol.57no.865 p42-p47 インタビューが掲載される
2005年 雑誌TOKIONの企画でシアトルの漫画家JIM WOODRINGとコラボレーションする
2005年   雑誌TOKIONの企画で水木しげる氏に会いにインタビュアーとして参加する
2005年 グラフィックチームBIGACTIVEのGregに紹介され、「The baby shower story」がUKのマガジンに紹介される
2006年 ベニーKのPVアニメーション参加「ザ・ベニーケー・ショウ ~on the floor編~」(ディレクター:掛川康典)
2006年 坂本龍一、小林武史、Mr.Children櫻井和寿らが立ち上げた大規模なフェスティバルBANK Fesのパンフレットビジュアル挿し絵に参加する
2006年  ユニクロソーホーNY支店がブロードウェイにオープンし、そのオープニングイベントとしてユニクロのプロデューサー佐藤可士和氏がJapan Pop Culture Collection日本を代表するアーティストの34人が参加したT-shirt企画を立ち上げ参加 2007年4月同じく日本でも同企画が開催される
KYOTAROのT-shirtはNicola Formichetti氏によるスタイリングで使用された。配布されたUNICLO PAPERにて掲載される。
森山大道、佐内正史、ホンマタカシ、荒木経惟、永井豪、井上雄彦、佐藤可士和、ワンダーウォール/片山正通、Sunday-Vision、伊藤桂司、針谷建二郎 at Adapter、POWER GRAPHIXX、エンライトメント、タナカカツキ、井口弘史、稲葉英樹、黒川知希、点/ten_do_ten、五木田智央、田名網敬一、Solobongnu-sensei/ソロボンヌ先生(HIFANA)、MAHARO(HIFANA)、エドツワキ、倉科昌高、Wonder Worker Guerrilla Band、田中啓、黒田潔、KYOTARO、峯崎ノリテル、enamel.Ryoji Ishioka、草間彌生、宮島達男/世界アーティストサミット、菊地敦己(bluemark)、HIMAA
2007年4月 UA「黄金の緑」アニメーションに参加(ディレクター:生意気)
2007年 資生堂マジョリカマジョルカのCMビジュアル担当。WEB上で流れるCMで開く絵本のイラストを製作する
2007年 BENNIE KのDVD~WORLD TOUR !? in JAPAN~のジャケット、ポスター、アニメーションに参加する(映像ディレクター:掛川康典・グラフィックAD:永戸鉄也)
2007年 母校嵯峨美術芸術大学の特別講師にて講義に参加いたしました。
2008年3月 アパレルブランドJUNの50周年イベント「bungalow50」にてTシャツをデザインし、作品展示する
2008年 「メルヘンクラブ」さとうさくら宝島社発行 本の装丁イラストを担当する
2008年 福島県福島東口駅前アックスのCMの原案の絵コンテ、ビジュアル、アニメーションを担当
2008年 Numero Tokyo Febrary 2009 2月号の12星座占いの挿絵を描く
2008年 エイベックスから発売された宇川直宏氏による音楽ユニットUKAWANIMATION!のデビューシングル「惑星のポートレイト 5億万画素」の中ジャケットの絵を描く
2008年 Nicola Formichetti氏から連絡がありDazed & Confused magazine June 2008 (Vol 2 Issue 62)に紹介掲載される
2009年 イタリアのアパレルブランドETROエトロ40周年記念イベントに参加。ディナーパーティーとショー会場のエントランス部分にアニメーションを制作
2009年 高橋留美子先生のらんま1/2をカバーする BEAMS T-shirtとのコラボレーション
2009年 L,AのT-shirtブランド「2k gingham」に参加
2009年 TeNのソロアルバム「/high low/」のCDジャケットビジュアル担当する(AD:永戸鉄也)
2009年 ISETAN LIVING DESIGNTIDE TOKYO 2009に参加
2009年 Zipper(祥伝社)占いページ挿絵1年間担当
2010年 JUN groupアダムエロペ adam et rope SPRING 2010 カタログの被写体として参加  
 design : 角田純一 ( stylist・Photographer 熊谷隆志laketajo / Men’s model 窪塚洋介 )(Stylist 北村道子 / Photographer Andersedstrom /Lady’s Model KYOTARO)
2010年 オーガニックコスメブランド「Infinistoria(インフィニストリア)」のWEBとカタログのビジュアル画を制作
2010年 旅雑誌「TRANSIT」講談社MOOKにて細野晴臣さん連載の挿絵を2010年から2012年まで 11回分担当する。 
2010年 TEE PARTYにて自身のT-shirtブランドラインBENBERAを立ち上げる
2010年 雑誌サイゾー「危険すぎるIT裏事情」の連載にて挿絵を担当
2010年 docomoスマートフォンSHARPのLYNX 3D SH-03C 背面カバープレゼントキャンペーンに参加
2010年 イラストレーション」(玄光社)の連載をまとめたワイズ出版 Aquirax Contact 宇野亜喜良 著「ぼくが誘惑された表現者たち」に掲載
2010年 2011年リトルモア真夜中 2011 No.12 冬空の科学 AR三兄弟×最果タヒ×KYOTARO真夜中のプラネタリウムにビジュアル掲載
2011年 アパレルブランドムチャチャ←→あちゃちゅむ 2011 Spring/Summer に参加
2011年 講談社 別冊少年マガジン 2011年4月号 最果タヒさんの詩の連載「空が分裂する」の挿絵に参加
2011年  YAMP KOLTプロデュースのやくしまるえつこ・さや・原田郁子・一十三十一・UA・ピカ・ACO・リクルマイの女性歌手の方々が参加する “yes” アルバム CDジャケット担当
2011年  富士登山「きずな」フォトコンテスト2011 メインビジュアルを担当
2011年  BEAMS T より KYOTAROのオリジナルデザインT-shirtを制作する
2011年  SHAKALABBITS 6th ALBUM TOUR(全22公演)”密林ジャングルジムTOUR” 2010-2011の為のライブアニメーションに参加(映像編集:WHOYOU)
2011年  アパレルブランドムチャチャ←→あちゃちゅむ 2011  Autumn/Winter に参加
2012年 アイドルグループさくら学院の新番組「さくら学院SUN(さん)」のオープニングアニメのイラストを担当
2012年 作品集「天界トリップ」河出書房新社から出版 design : 角田純一
2012年 作品集「ベイビー・シャワー・ストーリー」(2004年復刻版)河出書房新社から出版  design : 角田純一
2012年6月 作品集「ベイビー・シャワー・ストーリー」(2004年復刻版)河出書房新社
◎刊行記念 KYOTARO トーク&サイン会 ゲスト=タカノ綾さん(アーティスト)  会場= NADiff a/p/a/r/t 
2012年 作品集「I SAW A LOT OF FAIRIES - 妖精の行く道」 ERECT Lab.から出版 Design : 河村康輔・真壁昂
2012年 アパレルブランドムチャチャ←→あちゃちゅむ 2012 Spring/Summer に参加
2012年 漫画単行本「MWUAI・ムーアイ」ダイトカイから出版 design :松本弦人
2012年12月  一年間に自身の作品集を4冊の出版させ、記念イベントをプロデュースし開催させる。
「 KYOTARO祭り2012地球に生まれて良かった!!!知恵力元年」(六本木・SuperDeluxe)
◯トークゲスト  :伊藤桂司 、  角田純 、 タカノ綾 、 チン↑ポム   林 靖高 ・岡田 将孝  
2012年  PUMAショップの一階のフィッティングルームに絵を施す。(大阪/心斎橋)
2013年 パリのカルチャー雑誌THE PURPLE JOURNALの編集長Elein Fleissが立ち上げたWeb site ”Leschroniques Purple” にて連載を一年間担当
2013年 TBS 6ch「こどもに聞かせたい「お金儲け」の話をしよう。」のオープニングアニメーションやテロップのデザインなど手掛ける。(映像編集:WHOYOU) 
2013年  音楽バンドRADWMPSのシングルCD「ドリーマーズハイ」のジャケット、グッズ、ポスター等のアートワークを手掛ける
アートディレクター : 永戸鉄也 アートワーク : KYOTARO  (Universal Music)
2013年 アパレルブランドムチャチャ←→あちゃちゅむ 2013 Spring/Summer に参加
2013年  第2回目放送に使用。TBS 6ch「こどもに聞かせたい「お金儲け」の話をしよう。」のオープニングアニメーションやテロップのデザインなど手掛ける。(映像編集:WHOYOU) 
2013年 「今」を象徴するイラストレーター150人が集結!『ILLUSTRATION 2013』に掲載。(ソーテック社)
2013年 KYOTAROとタナカカツキの   “飛ぶ”トークショー!!”を代官山蔦屋書店にて開催する。トークショーの記念としてタナカカツキ氏のオッストン子ちゃんとコラボレーション漫画「ムーアイ!トン子ちゃん!」を制作 
2013年「ネクストノスタルジー」秋冬シーズンインキャンペーン伊勢丹新宿店ショーウィンドー12面を天界トリップの作品によりビジュアル展開された。5週間開催される。
2013年 夏 PUMAの直営店にて限定販売される「ANIMAL」シリーズT-shirtを制作し販売される。PUMA STORE WEBマガジンに出演  
2013年8月 いとうせいこうレトロスペクティブ」シリーズ「ワールズ・エンド・ガーデン」 復刊の装画にKYOTAROの花姫が使用されました。装丁:川名潤(河出書房新社)
2013年9月 いとうせいこうレトロスペクティブ」シリーズ第二弾「解体屋外伝」 復刊の装画を制作。装丁:川名潤(河出書房新社)
2013年 アパレルブランドムチャチャ←→あちゃちゅむ 2013  Autumn/Winter に参加
2013年 フランスのリストウォッチブランド “wysiwatch” と ”Aquvii” のアートライン “AAT × KYOTAROウォッチを制作販売
2013年  音楽バンドRADWMPSのシングルCD「五月の蠅」「ラストバージン』のジャケットアートワークを手掛ける
アートディレクター : 永戸鉄也 アートワーク : KYOTARO  (EMI Records Japan)
2013年 RADWIMPSアルバム Xと○と罪と (初回生産限定盤) のブックレットのアートワークを手掛ける
 カバーグラフィックアートワーク : 永戸鉄也 ブックレットアートワーク : KYOTARO (EMI Records Japan )
2013年  寺田克也氏と龍2匹を描くコラボレーション作品を制作
2013年 あちゃちゅむ しんやまさこ×KYOTARO コラボレーションアートブック「カラポンポン」六耀社から出版 Design :林琢真  (Deco design)
2013年『カラポンポン」が日本図書館協会選定図書に選ばれる
2014年2月「いとうせいこうレトロスペクティブ」シリーズ第三弾「未刊行小説集」 装画を制作。装丁:川名潤(河出書房新社)
2014年 "Les Chroniques Purple"EXHIBITION VACANT 5th Anniversary Event 展示に参加。エレン・フライス最新プロジェクト「 Les Chroniques Purple」書籍刊行に参加する。
2014年 アパレルブランドムチャチャ←→あちゃちゅむ 2014 Spring/Summer に参加
2014年 FM802創立25周年タイムスケジュールの表紙を担当。
2014年 出版社「ダイトカイ」WEBサイトにて連載「K」を開始する。2014年4月30日から2016年8月18日まで計55回掲載する
2014年「親愛なる」 いとうせいこう著 BCCKSシステムより 8/31までの限定発売。挿絵イラスト:寺田克也・KYOTARO・フキン
2014年6月「いとうせいこうレトロスペクティブ」シリーズ第四弾「南島小説二題」 装画を制作。装丁:川名潤(河出書房新社)
2014年 「DSA空間デザイン賞2014」   優秀賞 受賞      伊勢丹新宿店本館 ウインドウ “ネクスト ノスタルジー” 〈東京・新宿〉   
代表者 :プランクス 佐藤寧子   ディレクション:プランクス 佐藤寧子,三越伊勢丹 小町谷春生 ,Lulu    デザイン :プランクス 板谷政岳    グラフィック :KYOTARO    施工 :国際装飾 , 丹青ディスプレイ , マリ・アート    クライアント :三越伊勢丹
2014年8月 TACOMA FUJI RECORDS T-shit デザインに参加
2014年9月霧のむこうのふしぎな町 The Marvelous Village Veiled in Mist 英語文庫の挿絵を担当
2014年10月「RED BULL MUSIC ACADEMY TOKYO 2014」キャンペーンメインビジュアル初音ミクのビジュアルを担当。渋谷交差点、表参道、六本木周辺にてビジュアルが張り出される
2014年 アパレルブランドムチャチャ←→あちゃちゅむ 2014-2015  Autumn/Winter に参加
2014年 12月13日発売されたAKB48の主要メンバー12名のそれぞれの2015年B2カレンダーの絵を担当。
Art direction & design /吉永祐介(Solla Inc.)   Photography /河合克成   Hair&Make up /OSARE COMPANY   Stylist /AYAKA KIMURA   Illustlation /KYOTARO 
 Creative Direction  / 山下 友浩     楠元 伸哉 (KRK PRODUCE)Co-operation:KRK PRODUCE ©AKS
2014年 六耀社から出版されました「年鑑日本の空間デザイン2015」に「DSA空間デザイン賞2014」優秀賞 受賞しました伊勢丹新宿店本館 ウインドウ “ネクスト ノスタルジー” が掲載される
2014年 KYOTARO漫画MWUAIムーアイの主人公クマの晴子の40種類LINEスタンプ発売。twitterにて新作ミニ漫画更新も開始
 
2015年  アトリエを京都に移転する。東京との往復活動開始。
2015年 熊谷和徳と高木正勝 京都(京都文化博物館)・東京 (渋谷WWW)公演のビジュアルを制作する。LIVE映像:中山晃子 制作:シマウマ
2015年 WOWAKA 氏ギターボーカルのバンド 「ヒトリエ」「ルームシック・ガールズエスケープ/non-fiction four e.p.」 CDジャケットビジュアル制作担当する(AD 永戸鉄也)
2015年 京極夏彦先生「ヒトでなし/ 金剛界の章」新潮社  装画に2008年KYOTAROが描いた「天の番犬」と「オザキ」起用される
2015年 I LOVE SAKE 日本酒マニアック博に参加する 梅田Loft 5階Loftフォーラム
2015年10年間 MIZUMA ART GALLERYミヅマ・アクション所属からフリーランスになる
2015年 「きのこの国のアリス 」文:飯沢耕太郎 が出版され、挿絵を担当(ステュディオ・パラボリカ)
2015年 MdN EXTRA Vol.4 エフェクト表現の物理学 爆発+液体+炎+煙+魔法を描く人気特集合本!RADWIMPSラストバージン再掲載されました
2015年「きのこの国のアリス」書籍と原画がセットになった特装版発売。
2016年 講談社MOOK TRANSIT 2016年32号 P171にてMODERN ANIMISMの扉絵を担当する
2016年 MAGAZINE HOUSE &Premium 2016年8月号 P28にてシンプルとはを題材に一筆参加する
2016年 MdN7月号の伊藤万理華さんの連載「MARIKA MEETS CREATORS」インタビューを受け紹介される
2016年 フランスのTV局tocotocoTVにて新御徒町のMOGRAG Galleryと銀座の森岡書店での個展展覧会の映像を中心に紹介される
2016年 母校嵯峨美術芸術大学の特別講師にて講義に参加いたしました。 
2016年 第12回富士登山「絆」フォトコンテスト2016のOFFICIALBOOKにて2010年に登った初富士登山のインタビューと写真が方掲載される
2016年 平凡社 別冊太陽 日本のこころ240 「あやしい絵本」P140.141にて2013年六耀社から出版された
しんやまさこさんとKYOTAROのコラボ絵本「カラポンポン」KARAPONPON紹介される
2016年吉田ユニさんアートディレクション しんやまさこ&KYOTAROカラポンポンの特装版が発売される
2016年 広尾白金プラチナ通りやきとり店「白金鳥とも」に鳥の絵が起用され店内に展示
2016年 アパレルブランドbedsidedrama 2017 S/S "DAYDREAM BELIEVER”5つのビジュアルが洋服に展開されたランウェイショーに参加
2017年  Where They Create: Japan Creative Studios Shot by Paul Barbera 日本のクリエイタ-32名のスタジオを撮影した写真集NYの出版社にて発行
KYOTAROも被写体として参加
2017年 山田正紀さんの「ここから先は何もない」河出書房新社 2017年6月20日に刊行
デザイン川名潤さん。 装画にKYOTAROの「提案ツール上で起動 /2016 」が起用される
2017年 STORIES for WAYS and MEANSがWAXPLOTATION より発行
DeerhoofのSatomi Matsuzaki さんのお話に Kyotaro挿絵を担当
Frank Black + Kai & Sunny /Laura Marling + Maria Rivans /Del the Funky Homosapien + Ronzo /Spencer Krug + SEPE /John Vanderslice + James Jean /Gibby Haynes + Daniel Anum Jasper /Alec Empire + Lidia de Pedro/ Kathleen Hanna + Clare Rojas/ Devendra Banhart + Daniel Muñoz “SAN” /Eugene Hütz + Candice Tripp /Manuel "Guajiro" Mirabal + Herakut /Justin Vernon + Sage Vaughn/ Elliphant + Carlín Díaz/ Micachu + Kirsty Whiten /Nick Cave + Anthony Lister /Jim James + Jacob Escobedo/ Song Yuzhe + Asha Zero /Alison Mosshart + Dan Baldwin/ Satomi Matsuzaki of Deerhoof + Kyotaro /Jason Lytle + "Heisuke Kitazawa or PCP"/ Örvar Smárason + Lóa Hjálmtýsdóttir/ Will Oldham + Swoon /Sera Cahoone + David Bray/ Gary Numan + Cinta Vidal/ Ernest Ranglin + Dave Kinsey /Tom Waits and Kathleen Brennan + Joe Coleman/ Matthew Dear and Jennifer Dear + Josie Morway /Anna and Maria von Hausswolff + Alessia Iannetti
 
2017年 【LUCKAND Free Magazine #003 メインビジュアルを描き下ろす
LUCKAND-Gallery Cafe&BarにてRADWIMPSのジャケットドリーマーズ・ハイの原画を展示
2017年 マガジンハウスの雑誌GINZAのweb「ginzamag.com」のJON(犬)タロット占いのイラストを22枚制作担当
2017年 ウルトラセブン放送開始50年特別企画クリエイター70人のウルトラセブン 70 CREATORS’ SEVEN (玄光社) に参加 
2017年 新宿伊勢丹本店4階 Y's (Yohji Yamamoto)アートフレームをKYOTARO が担当。第一弾7月から第二弾9月、第三弾10月、第四弾11月に渡り展開される